トップページ プロフィール スケジュール インフォメーション コンサート・講演 
支部連絡先 後援会便り まゆはな 劇団「結い座」 リンク

皆様と共に歩んで23年……三枝万祐
       
♪♪ ようこそホームページへ ♪♪

各年のページ
2019年(令和元年)
 2018年(平成30年)
 2017年(平成29年)
 2016年(平成28年)
 2015年(平成27年)
      
 新型コロナウィルスに於いてお亡くなりになられました 方々にお悔み申し上げると共に、感染されました皆様に 一日も早いご回復を願い心よりお見舞い申し上げます。   
                                           三枝万祐    
   
  イベント案内!   
新井薬師 節分会 
今年も参加させていただきます。お近くの方は是非おいでください。
開催日 令和2年2月3日(月)    詳しくは 
   
   
 三枝万祐後援会新春の集いのご案内 
赤坂陽光ホテル にて
開催日 令和2年2月22日(土) 詳しくは 
     
     
 第34回 中野通り桜まつり 
薬師公園 イベント会場
開催日 令和2年4月4日(土)  詳しくは 
            お知らせ ! 諸般の事情により開催中止!となりました。  
     
     
     
  デビュー20周年記念 by 沖縄    沖縄後援会主催   
     
   沖縄の皆様、今年もお世話になりました。 6月24日(土)、コンサートにご来場下さいました皆様、そしてお世話いただき ました後援会役員の皆様に感謝・感謝です。本当に有り難うございました。                                             三枝万祐   
     
  「 三枝万祐さんの20年の歩みを励ます会 」    関西後援会主催   
     
       
  (大阪市北区 中央電気倶楽部にて)     <写真を クリック ・タッチ すると拡大します>   
     
   6月8日(木)、大盛況のうちに終了致しました。 代表世話人の金岡様を始め、ご列席の皆々様、誠に有り難うございました。 心より厚く御礼申し上げます。                                                        三枝万祐   
     
  第25回 『盛和塾』 世界大会 記念コンサート     
     
      全身・全霊を込めて演じさせていただきました。稲盛塾長を始め、関係者の皆々様に心より    感謝申し上げます。    
     
  第24回 『盛和塾』 世界大会 記念コンサート     
     
  <写真を クリック ・タッチ すると拡大します>詳しくは を、ご覧下さい。   
     
  第23回 『盛和塾』 世界大会 記念コンサート     
     
  <写真を クリック ・タッチ すると拡大します>   
     

     
  写真ををクリック・タッチすると   You Tube 動画が流れます   
     
     
     
           ごあいさつ     
 

                          梅雨明けも近くなり、間もなく本格的な夏を迎えようとしております。  いかがお過ごしでしょうか?…いつも温かい御支援、御協力を有り難うございます。   コロナウィルスの感染がいまだに続いており、心配な毎日をお過ごしかと存じます。  私も高齢の母を抱えているので、少し神経質過ぎるくらいに衛生面に気を配ってお ります。私はとうとう…7月の仕事も中止になってしまい、毎日、音楽に向かう姿勢  にも情熱や気力が失われてしまいそうな日もあります。  『今日は勉強も何もしたくない!』なんて思って、好きな音楽を聴いたり、ドラマや  映画を観たりして過ごしていると、『しっかりして!』と、誰かに言われているかの様  に、会員の皆様から、励ましの電話やメール、お手紙を頂いて…『こんな時だから自  分を成長させるチャンスなんだ!』と思い直し、急に『今日のタスク』をガムシャラにや  り始めたりしてます。やっぱり『今日やるべき事』をやり終えると、気持ちがとても前 きになれるものですね!…人間は『退屈する』と言うことを感じる生き物なので、よほ  ど精神的なダメージを受けたり、肉体的な疲労が重ならない限りは、毎日ぶらぶらと  しては居られないんですね。   自分のポジティブな気持ちを維持し続ける事が出来るのも、会員の皆様の励まし  のお陰だと、今更ながら皆様の温かいお心遣いに感謝致しております。本当に有り 難うございます。  また…より一層、勉強に励んだり出来る様に、最近は1日に1つ『格言』を選んで、  『今日のタスクノート』のトップに書いて、言葉を噛みしめながらやるべき事をこなして  います。   先月、とても印象に残り感銘を受けた言葉を3つご紹介します。   1つ目は松下幸之助さんの『一日一話』の中の言葉です。  『真の大器晩成型というものは、人生は終生勉強であるという考えを持って、ウサ  ギとカメの昔話のカメのように、一歩一歩急がずあわてず日々精進し、進歩向上して  いく姿でないかと思う。』  …母も高齢ですが、毎日、国語、算数、そして英語までも小学校や中学校の教科  書やドリルで勉強してます!…本人は『ボケないように』と言ってますが、まさに大器 晩成型の人!と感心してます。    2つ目はジェームス・ディーンの言葉です。 “Dream as if you'll live forever. Live as if you'll die today” 『永遠に生きるつもりで夢を抱け。今日死ぬつもりで生きろ。』 これはもう『カッコイイ!!』の一言に尽きます!彼の映画が観たくなりました!   そして最後、3つ目はマザー・テレサの言葉です。  “Peace begins with a smile” 『平和は微笑みから始まる』 街へ出るとコロナウィルスの影響からか、最近は笑顔があまり見られず、逆にスー  パーなどでもイライラされてるのか、店員さんに怒鳴っている人や、お客さん同士で言  い争っている人達をよく見かける様になりました。…関係のないこちらまで気持ちが暗  くなってしまいます。…こんな時だからこそ『笑顔』を大切にしたいですね。    梅雨時で体調も崩しやすい時期です。コロナウィルスの感染もまだまだ心配な時期…  くれぐれもお身体を大切に御自愛下さいませ。  皆様とお会い出来る日を心から楽しみに致しております。                   令和2年7月1日                              三枝万祐

                                                                  

 
     
     
  6月23日は先の大戦の沖縄戦終結の日   
                   
             
 
                  6月下旬米国陣地内で護郷隊陣地発見                  第二護郷隊 慰霊碑                  十代半ばの護郷隊 隊員  
     
                          4人に1人が亡くなったと言われる先の沖縄戦。  先月(6月)下旬米軍敷地地内で護郷隊の陣地跡が発見されたとの報道がなされた。                           護郷隊とは地元の十代半ばの少年を中心に陸軍中野学校の将校の指揮の下、米軍  侵攻を撹乱するため生まれ育った村を焼き払いゲリラ戦を戦った隊員達である。   陸軍中野学校と言えば、エリートが揃い戦局を読むに長けた人達であったはず。  しかし、多くの若者、少年を犠牲にしてしまった。指揮官は真に日本の将来を願ったのだろ  うか。                  話は変わるが、レイテ沖海戦で戦艦武蔵の猪口敏平艦長が艦と共に沈もうとした若き隊  員に「生きて日本繁栄の礎となれ!」と諭し退艦命令を発し、1000人以上の乗組員が生  きて再び祖国の土を踏んだと言います。 (猪口艦長自身は艦と運命を共にしました)  真の愛国心とは何かを今一度考えたいものです。                                              合掌
 
     
     
     
   
神戸湊川神社 茅の輪神事
 
    HPはバナーをクリック願います   
     
     
  ホームページ  を最後までご覧いただき有り難うございました。        
     
     
     
     
    後援会に入会ご希望に方は、からどうぞ。     
     
              最終更新2020.07.01  
     
                                     (トップへ)   
     
     
     
     
     
    6月    
             ごあいさつ        
     
          新緑の季節が過ぎ、もう6月ですね! いかがお過ごしでしょうか?  いつも温かい御支援、御協力を有り難うございます。   緊急事態宣言も解除されて、徐々に街の活気が溢れ始めました。4月、5月と『お花見、 ハイキング…旅行』といったこの季節ならではの楽しみがなくなってしまい、自粛生活でスト レスを溜めていらっしゃいませんか?ストレスは免疫力を低下させてしまうので、3密に気をつ けながら、今月は『外出』を楽しんで頂きたいと思っております。それでも『コロナ前の生活』 には、まだまだ戻れませんが…    私も3月からの舞台が全て中止になってしまいましたので、その折に会員の皆様にお会 い出来るのを楽しみにしておりましたが、結局、2月の『新春の集い』以降、皆様にお会 い出来ず、淋しく思っております。…でも、心配してメールや手紙を下さったり、お心遣い を賜ったり…皆様と心が繋がっていられる事に深く感謝して、この2ヶ月間を過ごさせて頂 きました。    家に居ると普段は時間が無くて滅多に出来ない事なども出来て、少し生活様式が変 化して、新しい気付きもあります。    会食したりなど、『人と会って何かをする』といった事がなかったので、『春の洋服』はクロ ーゼットの中で眠ったままになってしまいましたが、日常生活での服はフル回転です。普段 着はズボンスタイルです。伸縮性があって動き易い形の物を、色違いで5本持ってます。 汗をかいても直ぐに着替えれる様に、上は綿のTシャツにジャケットを羽織って暑さ寒さの調 整…そして足元はスニーカーです。 スーパー等へ出掛ける時も、速く歩いたり、遠回りしたりで運動不足を解消出来るので、 軽装が一番です。でも『お洒落心』が無くなってしまうと、生活が味気無くなってしまいます ので、『マスク』でお洒落を楽しんでます。   ズボンの色やジャケットの色に合わせてマスクを手作りしました。何種類も作って、『今日 はこの服にはこの色!』とささやかなコーディネートを楽しんで、買い物へ出掛けてます。 母や菊地の分も作ったので、母も服に合わせて『マスクを選んで』コーディネートしてます。    気持ちが前向きで、『何かを改善して行きたい』と思えていれば、ストレスを溜める事も なく、与えられた日常を少しでも豊かなものに、美しいものへと変えて行けると思います。    今月は『沖縄慰霊祭』があります。毎年、出来る限り参列させて頂いておりましたが、今 年は『コロナの影響』で、『平和大行進』なども中止となり、縮小した形で行われるとの事 です。…私も参列させて頂きたいと思っておりましたが、まだ感染者がゼロにならない、 東京、神奈川から沖縄へ行くのは、現地の方々の御迷惑になるかと懸念され、参列を見 送らせて頂く事にしております。    全てが元通りになる日が来る事を祈りつつ、今は皆様と心で繋がって、毎日を過ごして 行きたく思います。…今、自分に出来る事をコツコツと行いながら…    皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。そして…皆様が毎日、笑顔で過ごされます 様に願っております。                            令和2年6月1日                                         三枝万祐   
     
     
     
     
  “あじさい寺”で知られる 明月院(臨済宗建長寺派)(鎌倉市)   
     
     
     
 アマビエの出現を伝える瓦版(1846年)。                水木しげる 氏  (妖怪辞典より) 京都大学所有、京都大学附属図書館収蔵 
    アマビエは、江戸時代から日本に伝わる疫病を鎮めると云う半人半魚の妖怪。左は”ゲゲゲの鬼太郎”で知られる 漫画家で妖怪研究の第一人者である水木しげる先生が描いたアマビエ。 私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ」と告げたという。ここに皆様にお見せして今回の”疫病”を鎮めていただき たいものです。     
 
                          
     
  ホームページ  を最後までご覧いただき有り難うございました。       
     
     
     
     
    後援会に入会ご希望に方は、からどうぞ。    
     
                                最終更新 2020.0601  
     
                                (トップへ)   
     
     
     
     
       
       
       
    5月     
       
       
       
       
       
       
  日蓮正宗の寺院「下之坊」 藤の花(静岡県富士宮市)    
       
       
       
       
       
       
       
  ホームページ  を最後までご覧いただき有り難うございました。        
       
       
       
       
    後援会に入会ご希望に方は、からどうぞ。     
       
                        最終更新 2020.05.01    
       
      (トップへ)     
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
    4月    
       
       
       
       
       
                            哲学の道(京都)     
           さまざまな こと思い出す 桜かな  芭蕉    
   昨年に引き続きこの句にお付き合い下さい。  武士を捨て脱藩、故郷に背を向け江戸に下って数十年、芭蕉が俳諧の世界で名声を得て主君から 許され、花見の宴に招かれました。永年の時間を埋め万感の想いを詠ったこの句には芭蕉の人生が 凝縮されています。     
                 
       
       
           “俳聖”と呼ばれた芭蕉終焉の地。大阪の大動脈 ”御堂筋” 中ほどの側道にあり ます。弟子の主導権争いに業を煮やし仲裁にも出向き病没。俳諧の世界であっても 世俗的な諍い事はいつの世でも同じようです。
                 旅に病んで 夢は枯野を かけ廻る
   
       
       
       
       
  ホームページ  を最後までご覧いただき有り難うございました。       
       
       
       
       
    後援会に入会ご希望に方は、からどうぞ。       
       
                         最終更新  2020.04.01    
       
                        (トップへ)     
       
       
       
   3月     
       
       
       
       
              
       
       
                  勝持寺…天台宗 (京都市西京区) 西行桜 桜天井     
       
       
  エリートコースである北面武士の立場をを捨て、出家の道を選択した西行。それも23歳の若さで…。 我々凡人には未だかつてその真相は不明だが本人は一度限りの人生を桜の情念の中で生き抜いた。     
       
       
       
  ホームページ  を最後までご覧いただき有り難うございました。      
       
         
       
       
    後援会に入会ご希望に方は、からどうぞ。      
       
                                   最終更新 2020.3.01    
       
                             (トップへ)    
       
       
       
       
       
   2月     
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
  政争に敗れ、大宰府に左遷されることとなった道真が 愛した自分の庭の梅に語りかけ 別れを惜しんだ。その後、梅は主人の居る大宰府まで飛んで行きその地に降り立ったと いう。これが有名な”飛梅伝説”である。庭木のうち声をかけてもらえなかった桜は悲しみ みのうちにみるみる葉を落としついには枯れてしまったという。 松は梅と同じく主人を追ったが、力尽きて摂津の国(現神戸市)の丘に降り立ち根を下 した。後世、この地を”飛松岡”と呼ばれた。    
       
       
       
       
       
       
       
       
  ホームページ  を最後までご覧いただき有り難うございました。     
       
       
    後援会に入会ご希望に方は、からどうぞ。     
       
                                          最終更新 2020.2.01    
       
                                         (トップへ)    
       
     
       
     
       
       
   1月    
   謹んで新春のお慶びを申し上げます    
    本年もよろしくお願い申し上げます    三枝万祐    
     
 
 
 
 
 
 
連戦連勝の武田軍団の指揮官 板垣信方が慢心に陥っていると 見た信玄が歌に託して諫めたとされる一句  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  お湯に浸かってホッコリするカピパラは実は今年の干支”ネズミ科” らしいですね     
 
       
       
 
       
 
ホームページ  を最後までご覧いただき有り難うございました。  
 
 
  後援会に入会ご希望に方は、からどうぞ。  
       
   最終更新   2020.1.12    
       
     (トップへ)     
       
       
       
             
   
       
       
             青朝顔 花言葉…”儚い恋” う〜ん 微妙(笑)    
  
   
       
                        紫陽花       ”移り気”…の花言葉はあまりにも有名ですが       最近では”一家団欒”も云われるようになりました。